April 10, 2014

ビーズの聖地!?クリニャンクールの蚤の市“Lile et Daniel"へ!


ビーズ好きならちょっとした聖地(!?)のクリニャンクールの蚤の市レポです。

あまりにも移動が多くてカメラを置いてったのでiPhoneの写真ですが・・・
もし行かれる方がいたら参考になればと思います。


事前にネットや本で調べたけど、なんだかあんまり情報らしい情報が引っかからなかったので、私の行った道のりを簡単にまとめておこうと思います。
どちらかといえばクリニャンクールの蚤の市、行き方レポートかなsei


image



まず、パリの中心部からクリニャンクールというパリの外れのエリアへのアクセスですが、メトロでいくorバスで行くの2通りあります。

治安が悪いエリアを通らなくていいバスがオススメとのことだったので
ルーブル美術館の近くから出ている85番のバスに乗っていきました♪


パリのバスは番号で分かれていて、上り・下りの方面さえ間違えなければ余裕で乗りこなせます!
(方面は最終目的地を書いてあるのでそれをチェック)

前から乗車して、チケット(バスで買う場合は1枚2ユーロ)を購入して、
運転手さんの横にある機械で乗車時刻を刻印するだけ。
下車は後ろから、チケットの回収はないのでそのまま降りるだけ。


85番バス乗り場は印のところから乗りました。
左下のあたりが、ぜんぶルーブル美術館です。
この地図でいうと、クリニャンクールは上の方なのでそっち方面のバスに乗車してください。
同じバス停にいろんなバスが来るけど85って茶色で書かれてるのでまず間違わないはず!
短い間隔でどんどんくるので、そんなに待たなくても大丈夫。



script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/ameblo.js.php?upwh=3082316-1397129736-479-268





Marche aux Pucesで下車。
バスを降りたら、丁度蚤の市の中の方です。
(メトロだと、ちょっと治安の悪いエリアを抜けてしばらく歩くそうです)




Rue des Rosiersという通り上にバス停があるので、ビーズ屋さんがあるエリアにはすごく近い。
ピンクのあたりが、Vernaison(ヴェルネゾン)というエリアでインテリア、
小物、テーブルウエア、ビーズ、キーホルダーなどが揃うエリアです。
定かではないけど、多分バス停降りてすぐくらい。



目印は青い看板。
ここを入ってすぐにビーズの山が目に入ります。




私は住所を調べていったんですが、蚤の市では住所より目印の方が役にたつということを学びました・・・。
道行くフランス人やお店の人に教えてもらいながらなんとか到着・・・!!
何千件とアンティークショップなので、危うくたどり着けないところでしたドクロ




image

image



image



私の一番のお目当てはこのビーズショップLili et Daniel”

手芸する人なら1度は目にしたことあるお店ですよねー


山のようなビーズの箱を選り分けながら、好きなビーズをカップに詰めていくのです。
天国!!!

ちなみに現在は1カップ16ユーロでした。


image


image


帰国して一番にビーズの選別をしました。
ニヤニヤがとまらない作業。


image



店内にはつめ放題以外の手芸材料がたーくさん!
私はピンバッチをたくさん買いました。



フランス語はちょっとだけかじった程度の私ですが、なんとか買い物できたので
ガイドブックに載ってるお買い物レベルの片言フランス語がはなせれば普通にお買い物出来ると思います♬


ちなみに、道を渡った反対側のエリアにもLili et Daniel出店しています。
そちらには日本人スタッフがいるのでもしわからない人は
そちらに先にいくと運が良ければ日本語で買い物出来ると思います。


どうしても不安な人はクリニャンクールの蚤の市ツアーみたいな、3時間くらいのやつがあるみたいなので調べてみてもいいかも。




同じエリアでピンバッチを4つ買ってクリニャンクールの旅は終了しました。
もっと時間があれば・・・!ま、1日あってもすべてのお店は回れないのでしょう・・・sei
またいつかの楽しみに!



image


あ、帰りのバスですがバス停の位置がついたところからちょっとだけ違うところにあるのでご注意ください。



**まめ知識**

クリニャンクールの蚤の市に行くときは、手がまっくろになるのでウェットティッシュは必須です。
あとカードが使える店、使えない店があるので現金、
荷物は極限に少なめでスリ対策は必須、買い物をまとめるエコバッグがあれば完璧です。
カメラや貴重品、スマホなどの貴重品は見えるところに出さないのが無難だそうです。


image



帰りのバス乗り場までの道に美味しそうなクレープ屋(ガレット?)さんがあったので寄り道。
アップルシナモンか何かでしたが、断然旦那さんが食べてた生ハムとチーズのやつが美味しかったですsei



image


特に何もない道ばたに落ちてたたくさんのスパンコール。
パーティでもないのに何故・・・crml




最後まで読んでくれてありがとうございました!
一応ビーズブログなので、真剣に道案内記事書いてみました♪

2014/3の詳細ですが、もしこれから行かれる方の参考になれば嬉しいです。



残りの旅blogは写真だけでさら~っと更新予定ですひらめき


それではzzz






No comments :

Post a Comment